株式会社吉田開発は熊本県で建物解体業や産業廃棄物収集運搬業など各種事業をおこなっております。

 

■ 廃石膏ボード

 
   
 石膏ボードはまず破砕し、紙と石膏ボードに分別し、リサイクルできる状態まで加工します。
 紙は調湿材や燃料、再生紙の原料としてリサイクルが可能になり、石膏は再び石膏ボードの材料やセメント構成材として再利用するために、石膏粉として出荷しています。また地盤改良材等に用いられる再生中性固化剤を出荷しています。
 
「処理業」ではなく「資源循環製造業」の一助を担っております。
   
再生石膏固化材
 石膏は硫酸カルシウム(CaSO4)の総称で結晶水(H2O)の数によって3種類に分類されます。
 石膏ボードを紙と石膏に分離した石膏粉が①二水石膏(CaSO4・2H2O)、①を低温加熱処理した石膏粉が②半水石膏(CaSO4・1/2H2O)③無水石膏(CaSO4)です。
②③には水分と水和反応し、固化する性質があり、この性質を利用して開発されたのが再生石膏中性固化材で、地盤改良や河川の改修等に用いられます。
   
石膏半水化装置IH-Vとは
 現状の収集された石膏ボード廃材は、中間処理業者殿が石膏と紙に破砕分別し、大半が管理型最終処分場で埋立て処理されていますが、最終処分場の余裕は限界に達しており、廃石膏リサイクルは社会ニーズです。
 IH-Vは、石膏廃材等を回転キルン内で、高周波加熱処理により加熱脱水し、水和反応可能(水と接すると固まる特性)な半水石膏に戻す装置です。
 
何故IHなの
 二水石膏を半水石膏に戻す場合、300℃以上に加熱すると水和反応をしない無水石膏(CaSO4)に変質する性状があり、従来の化石燃料の燃焼熱で加熱脱水する方式は変色と高温加熱での変質の問題がありました。
IH-Vは、高周波加熱による最適温度での連続安定運転が可能であり、品質向上・省エネ・CO2削減が図れ、作業環境がクリーンな加熱装置です。
株式会社吉田開発
(本社)
〒861-4206
熊本市南区城南町さんさん1-10-7
  TEL.0964-28-1600
  FAX.0964-28-1601
(八代支店)
〒869-4203
熊本県八代市鏡町鏡548-1
  TEL.0965-52-5262
  FAX.0965-52-5263
解体工事業(とび・土工工事業)
産業廃棄物収集運搬業
特別管理産業廃棄物収集運搬業
産業廃棄物処分業
------------------------------
●免許・資格
熊本県知事
 許可(特‐30)第15115号

産業廃棄物収集運搬
 熊本県知事許可番号
  第04301070973号
 熊本市許可番号   
  第08102070973号
 福岡県知事許可番号
  第04000070973号
 鹿児島県知事許可番号
  第04604070973号
産業廃棄物中間処理業 
破砕・分級
 熊本県
  第04321070973号
------------------------------
<<株式会社吉田開発>> 〒869-4203 熊本県八代市鏡町鏡548-1 TEL:0965-52-5262 FAX:0965-52-5263